Apple、M2/M2 Proチップを搭載した新型「Mac mini」を発表 − 本日より予約受付開始

本日、Appleが、M2チップを搭載した新型「Mac mini」を正式に発表しました。

基本モデルはM2チップを搭載しており、上位モデルにはM2 Proチップを搭載したモデルが用意されており、RAMは最大32GB、ストレージは最大8TB SSDより選択可能です。

また、前世代のM1チップ搭載モデルと比較した場合、M2チップ搭載モデルの性能は下記の通り。

  • Final Cut ProでのProResトランスコードが最大2.4倍高速
  • Adobe Photoshopでのフィルタと機能のパフォーマンスが最大50パーセント高速
  • 「バイオハザード ヴィレッジ」のゲームプレイが最大35パーセント高速

ポートは、2つまたは4つのThunderbolt 4ポートと2つのUSB-Aポート、HDMI、ギガビットEthernet(CTOで10Gb Ethernetも選択可能)が搭載されており、M2モデルは最大2台のディスプレイ、M2 Proモデルは最大3台のディスプレイに対応する他、両モデルとも従来よりスループットが最大2倍高速な最新の規格であるWi-Fi 6E、およびBluetooth 5.3を搭載しています。

なお、価格は84,800円からで、本日より予約受付が開始され、米国では1月24日より販売が開始されますが、日本では2月3日発売となっています。

Apple公式サイト
Mac mini

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です