Apple、次世代SoCの「M2 Pro / M2 Max」チップを正式に発表

本日、Appleが、Appleシリコンの画期的な電力効率のパフォーマンスをさらなる高みに引き上げる2つの次世代SoCであるM2 ProとM2 Maxを発表しました。

M2 Proは、M2のアーキテクチャをスケールアップし、最大12コアのCPU、最大19コアのGPUを備え、最大32GBの高速ユニファイドメモリを実現し、M2 Maxは、M2 Proの能力を土台とし、最大38コアのGPU、2倍のユニファイドメモリ帯域幅(400GB/s)、最大96GBのユニファイドメモリを実現しています。

また、どちらのチップも、より高速な16コアのNeural EngineやAppleのパワフルなメディアエンジンなど、強化されたカスタムテクノロジーも搭載しています。

両チップともに第2世代の5nmプロセスで製造され、M2 Proは、M1 Proの約20パーセント増、M2の約2倍の数の、400億個のトランジスタで構成されており、M2 Maxは、M1 Maxよりも100億個多く、M2の3倍以上の数である670億個のトランジスタで構成されています。

GPUに関しては、M2 ProのGPUはM1 ProのGPUと比べて3つ多い最大19コアで構成でき、より大きいL2キャッシュを備え、グラフィックス速度がM1 Proと比べて最大30パーセント高速になりました。M2 MaxのGPUは最大38コアを搭載してさらにパワフルになり、より大きくなったL2キャッシュを備えていることから、グラフィックス速度はM1 Maxよりも最大30パーセント高速になります。

なお、両チップを搭載した新型「MacBook Pro 14/16インチ」と新型「Mac mini」も同時に発表されており、各製品は別記事でお伝えします。

Apple、次のレベルのワークフローを可能にする次世代チップのM2 ProとM2 Maxを発表 – Apple
Apple公式サイト
MacBook Pro 16インチ
MacBook Pro 14インチ
Mac mini

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です