「MacBook Air」の登場から丸15年を迎える

現地時間の本日2023年1月15日で、Appleが「MacBook Air」を発表してから丸15年を迎えました。

「MacBook Air」は、2008年に米サンフランシスコで開催された「Macworld Expo 2008」でスティーブ・ジョブズ氏によって発表され、発表時にジョブズ氏がマニラ封筒から「MacBook Air」を取り出し、その薄さをアピールしたのが有名。

「MacBook Air」は、発表当時で世界で最も薄いノートブックコンピュータとして発表され、最薄部が史上最も薄い0.4cm、最厚部分でも他社のノートブックの最も薄い部分よりもさらに薄い1.94cmで、本体手前が薄くなる「くさび形」デザインが特徴でした。

初代「MacBook Air」のスペック

MacBook Air (初代)
ディスプレイ 13.3インチワイドディスプレイ
1280×800
CPU Intel Core 2 Duo 1.6/1.8GHz
RAM 2GB
ストレージ 80GB HDD/64GB SSD
GPU Intel Graphics Media Accelerator X3100
無線 IEEE 802.11n
Bluetooth 2.1 +EDR
カメラ iSightカメラ
光学ドライブ 非搭載
ポート USB 2.0×1
ヘッドフォンジャック×1
Micro DVIポート×1
バッテリー 5時間
OS Mac OS X 10.5 Leopard
厚さ 0.4〜1.94㎝
価格 229,800円〜388,400

発売から現在までの15年間で、デザインは2018年と2022年に2度刷新されていて、2022年モデルから「くさび形」デザインをやめ、フラットなスタイルに変更されました。

また、2010年には11インチモデルが追加されたものの、2016年に同モデルは廃止され、現在に至るまで13インチモデルのみとなっており、2020年にはAppleシリコン(M1チップ)搭載へと移行しました。

(デザインの変化 / 上から2008年⇒2018年⇒2022年)

なお、発売当時のプレスリリースや基調講演の映像(MacBook Airの発表は54分あたりから)を下記に用意したので、是非ご覧下さい。

アップル、MacBook Airを発表 – Apple

[via MacRumors

3 COMMENTS

匿名

光学ドライブレス、SSD搭載という革新は果たしたが、いつまで経ってもAirといえる重量では無かった。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です