Twitterのサードパーティ製アプリが利用出来ない問題、”意図的”な締め出しであることが明らかに

1月13日より一部のサードパーティ製Twitterクライアントアプリが利用出来なくなっており、Twitterや同社CEOのイーロン・マスク氏からは何も発表もなく、現在も引き続き利用出来ない状況が続いていますが、The Informationによると、サードパーティ製Twitterクライアントアプリの停止はTwitterによる”意図的”なものであることが分かりました。

これはTwitterのシニアエンジニアが同社のサービスの停止や中断に対処するために従業員が使用している「Slack」の内部チャンネルに『サードパーティ製アプリの停止は意図的なものだ』と書き込んだことから明らかになったもので、Twitterはパートナー向けに新たな承認条件を準備していることも明らかになっていますが、それがいつ頃に提供されるのかは不明で、これらの社内でのやり取りは現地時間の1月13日に行われたものとなっています。

Twitterが一部のサードパーティ製アプリからのアクセスを停止した正式な理由は不明ですが、イーロン・マスク氏は収益を最重要課題として改革を進めており、サードパーティ製アプリでは広告が表示されないものもある為、収入に影響が出ることから排除したいのではないかなど、様々な可能性が指摘されています。

なお、先日にも紹介しましたが、有志により下記のGスプレッドシートに使えるTwitterクライアントと使えなくなってるクライアントがまとめられているので、サードパーティ製アプリを使用していた方は是非ご覧下さい。

2023.01.13のBAN祭りまとめ

[via 9To5Google

Twitter、サードパーティ製アプリが利用出来ない障害が発生中

7 COMMENTS

774

事前に告知して特定の日時に終了という穏当なやり方もあるだろうにいきなりAPI潰して利用不可にするのは常軌を逸している
まともな倫理の備わっている企業ではない

返信する
匿名

Apple、Googleですらアナウンス無しにルール変更する事あるからな
良くも悪くも米国企業や

返信する
匿名

それ以前に騒いでるの一部のオタだけだからね。
Blue導入記事であれだけ騒いでたヤフコメ民ですらどうでも良いって反応だったし。

返信する
匿名

まだSlackだけの情報で、ここまではちょっとね。
動いているサードパーティーアプリもあるし、もう少し情報が欲しいところ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です