Apple、2025年にBluetoothやWi-Fiのチップも自社製に置き換えか

本日、Bloombergが、事情に詳しい複数の関係関係者の話として、Appleは2025年にBroadcom製の主要なチップから自社製のチップに置き換える見通しだと報じています。

また、Appleは以前より自社製のセルラーモデムチップを開発していると報じられていますが、2024年末までか2025年の早い時期までに、セルラーモデムチップも自社製のものを準備し、Qualcomm製から切り替えることも目指しているとのこと。

セルラーモデムチップについては、早ければ2023年に置き換えるものと予想されていましたが、開発上の問題で先送りされたようです。

なお、BroadcomはWi-FiやBluetoothのチップをApple向けに製造しており、これらチップが自社製になるものとみられます。

Apple、2023年発売の「iPhone 15」シリーズでもモデムチップは引き続きQualcomm製を採用へ

2 COMMENTS

匿名

Appleとしては利益率アップで必死なんだろうけど、実績のない初期型チップは不具合地雷になりそうなので絶対見送りだな。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です