ソニー、PS5用公式アクセシビリティコントローラー「Project Leonardo」を発表

本日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが、開催中の世界最大のテクノロジー見本市「CES 2023」において、ゲームのアクセシビリティをさらに一歩前進させるPS5用のアクセシビリティコントローラーキット「Project Leonardo」を発表しました。

「Project Leonardo」は、アクセシビリティの専門家、コミュニティーメンバー、ゲーム開発者の多大なる協力により開発されたコントローラーで、さまざまなカスタマイズが可能なのが特徴で、コントローラーを長時間持つことができない、1ヵ所に集まった小さなボタンやトリガーを正確に押すことができない、標準のコントローラーでは指をうまく配置できないなど、運動制御に制約があるプレイヤーの多くが抱える課題を解消し、体に不自由がある方でも、より簡単に、快適に、そして長い時間ゲームを楽しめるようにサポートしてくれます。

製品には、形状やサイズが異なる多様なアナログスティックキャップやボタンなど、交換可能で頑丈なコンポーネント一式が付属しており、これらのコンポーネントを使ってさまざまなコントロールレイアウトを構成可能。また、ソフトウェアのカスタマイズ機能により、ボタン割り当てやコントロールプロファイルの保存も可能です。

さらに、コントローラー単体としても、ほかのProject LeonardoやDualSenseワイヤレスコントローラーと組み合わせても使用できる他、4つの3.5mm AUXポートを用いて拡張でき、さまざまな外部スイッチやサードパーティー製のアクセシビリティ周辺機器に対応し、専用のスイッチ、ボタン、アナログスティックをProject Leonardoコントローラーで使用可能です。

なお、価格や発売時期などは未発表です。

公式ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。