Twitter、ツイートの閲覧数を誰でも閲覧出来る機能を展開開始 − 他のユーザーの数字も閲覧可能に

本日、Twitterが、ツイートが見られた数を表示する「View Count」機能の展開を開始しました。

これはイーロン・マスクCEOが明らかにしたもので、「Twitterユーザーの90%以上がツイートを読んでもRTもリプライもいいねもしない為、閲覧数を表示することでTwitterが実際にどれだけ利用されているかが、よりはっきり分かる」と述べています。

これまでも「Twitter Analytics」で自身のツイートの詳細なデータを閲覧することは出来ましたが、今回の機能は他のユーザーもそのツイートの閲覧数が見れるようになります。

なお、展開は順次なので、筆者の環境ではまだ利用出来ませんが、利用出来るようになるとツイートの左下にグラフアイコンと数字が表示されるようになります。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です