Twitterのイーロン・マスクCEOの進退を問うアンケート、「辞任すべき」が57.5%で多数に

本日、Twitterのイーロン・マスクCEOは自身の進退を問うアンケートを実施していましたが、その最終結果が出て、同氏が辞めることに賛成が57.5%となり、多数派となりました。

投票数は約1,750万票となり、賛成が57.5%、反対が42.5%で、同氏は「辞めるべきかどうか、この結果に従う」と述べていましたが、同氏の今後の動向に注目が集まっています。

なお、同氏は後継者がいないことも明らかにしており、辞めるにしてもすぐには難しいものと思われます。

反発多数で見直しを検討中か − Twitter、他のSNSへのリンクやユーザー名を含むツイートを禁止との発表内容を削除
Twitter、他のSNSへのリンクやユーザー名を含むツイートを禁止

1 COMMENT

匿名

イーロン居ないと潰れるのでは?
こんな死に体に数兆円規模の大金出そうとする人や企業がいるとは思えないんだけど

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です