反発多数で見直しを検討中か − Twitter、他のSNSへのリンクやユーザー名を含むツイートを禁止との発表内容を削除

本日、Twitterが同社以外のSNSのURLやユーザー名を投稿することを禁止すると発表しましたが、その後、その事を案内するツイートとサポートページを削除しています。

同社は、Twitter以外のSNSの宣伝のみを目的として作成されたアカウントや、他のSNSへのリンクやユーザー名を含むコンテンツを禁止すると発表し、特に対象となるのはFacebook、Instagram、Mastodon、Truth Social、Tribel、Nostr、Post.で、違反するツイートは削除され、アカウントは一時的に凍結される他、繰り返すと完全に凍結される可能性があると案内していました。

また、有料広告の場合は許可される他、他のSNSからのクロスポスト機能によって投稿されたコンテンツは違反にはならないとのことでしたが、この措置を発表した後に各所で話題になり、反発が多かったことを受けてか、当該ツイートとサポートページを削除しています。

削除した理由は不明ですが、反発が多かったことから見直しを検討しているのかもしれません。

Twitter、他のSNSへのリンクやユーザー名を含むツイートを禁止

1 COMMENT

匿名

他SNSに誘導するための宣伝アカウントってユーザー目線でも邪魔だったから禁止にしてくれていいんだけどな。
どうなるのかな。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です