Apple、新型「Mac Pro」へのM2 Extremeチップ搭載を断念か − メモリやストレージは拡張可能に??

(画像はMac Pro 2019)

AppleはAppleシリコンを搭載した新型「Mac Pro」を開発中ですが、同社は48コアCPUと152コアGPUから構成されたハイエンドチップ「M2 Extreme」を搭載した新型「Mac Pro」を開発する計画を破棄したことが分かりました。

これはBloombergのMark Gurman氏が、ニュースレター「Power On」の最新版で明らかにしたもので、M2 Extremeチップは製造上の複雑さの課題とコストの懸念から、同チップを開発する計画は棚上げされたようで、新型「Mac Pro」はM2 Ultraチップを搭載して発売されるようです。

また、この計画変更により、台湾TSMCの生産能力を他のメインストリーム製品向けチップの量産に使用することを選択した模様。

M2 Ultraチップは、最大24コアのCPU、76コアのGPU、192GBのRAMといった構成になるとみられており、新型「Mac Pro」はメモリやストレージ、その他の部品を追加するための簡単な拡張性が用意されると予測しています。

なお、このM2 Ultraチップを搭載した新型「Mac Pro」に加え、M2 Proチップを搭載した新型「Mac mini」は2023年に発売される予定で、M2 ProとM2 Maxチップを搭載した新型「MacBook Pro 14/16インチ」は来年の早い時期に発売され、さらに「Pro Display XDR」と「Studio Display」の新モデルも開発中と述べています。

[via 9To5Mac

2 COMMENTS

ほほほ

あぁ、やっぱり
MacProはフェードアウトするんじゃないですかね?
M系のチップの作り方じゃ、Xeon MacProのスペックを達成するのはかなり困難ですから。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です