AirDrop受信設定の「すべての人」の10分制限、「iOS 16.2」からは全世界のユーザーに正式導入へ

本日、Appleが開発者に対し「iOS 16.2 RC」をリリースしましたが、「iOS 16.2 RC」ではAirDropの受信設定の「すべての人」に10分間の時間制限が全世界の全てのユーザーに拡大されていることが分かりました。

同機能は「iOS 16.1.1」から中国のユーザー向けに導入が開始された機能で、現在、中国以外のユーザーは「AirDrop」の設定として「受信しない」「連絡先のみ」「すべての人」の3つのオプションから選択可能ですが、「iOS 16.2 RC」では「すべての人」が「すべての人 (10分間のみ)」に変更されており、「iOS 16.2」からは中国だけでなく、全世界の全てのユーザーにこの制限が導入されることになります。

中国で導入された際は、中国国内の政権批判を抑制するために導入されたと言われていましたが、AirDropを利用して不特定多数の人に同意を得ずにわいせつ画像などを送信する「AirDropテロ」を防ぐ効果もあることから、全てのユーザーに導入されることになったものと予想されます。

[via MacRumors

AirDrop受信設定の「すべての人」への10分の時間制限、来年には全世界のユーザーにも拡大へ
「iOS 16.2 beta 2」では中国でAirDropの受信設定の「すべての人」に時間制限が追加されたことが明らかに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です