Apple、AR/VRヘッドセット向けOSの名称を「xrOS」に変更か − 早ければ来年発表

AppleはAR/VRヘッドセットを開発しており、そのデバイスに搭載されるOSの名称は「realityOS (rOS)」になると言われて来ましたが、本日、Bloombergが、本件に詳しい関係者の話として、AR/VRヘッドセットのOSの名称は「xrOS」に変更されたようだと報じています。

Appleは早ければ来年にも専用のOSとサードパーティ製ソフトウェア用のアプリストアと共にヘッドセットを発表する予定で、社内的にOSの名称を「realityOS」から「xrOS」に変更したそうです。

この名称の「XR」は、AR(Augmented Reality)、VR(Virtual Reality)、MR(Mixed Reality)等の言葉を総称する「Extended Reality」から来ている模様。

「xrOS」はメッセージやマップといったコアアプリの新バージョンを提供し、サードパーティが独自のアプリやゲームを作り為に使用できるソフトウェア開発キットと連動するようになっており、ヘッドセットとそれに付随するOSやアプリはAppleのTechnology Development Group(TDG)と呼ばれる秘密部署で開発されているようです。

AppleのAR/VRヘッドセットのOSは「rOS」に?? − 「iOS 16」や「macOS 13」などのコードネームも明らかに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。