KDDI、Space Xの衛星ブロードバンド「Starlink」をau通信網で利用開始 − 山間部や島しょ地域などに展開へ

本日、KDDIが、静岡県熱海市初島で、衛星ブロードバンドインターネット「Starlink」をau通信網のバックホール回線として利用する基地局の運用を開始したことを発表しました。

「Starlink」はTwitter買収騒動で話題のイーロン・マスク氏がCEOを努めるSpace Xが開発した衛星ブロードバンドで、「Starlink」の通信衛星は、高度550kmの低軌道上に配置されており、従来の静止軌道衛星に比べて地表からの距離が65分の1程度と大きく近づくため、大幅な低遅延と高速伝送を実現しているのが特徴。

同社では2021年9月から国内で「Starlink」の一連の技術検証を行い、「Starlink」を利用したau基地局の品質検証を完了し、光ファイバー回線を利用したau基地局と比較して遜色ない品質をユーザーに提供できることを確認したことから、正式に運用を開始することにしたそうです。

今後はauの高速通信を日本中どこででも体験できることを目指し、これまでサービス提供が困難とされていた山間部や島しょ地域、災害対策など、今後全国約1,200カ所に順次提供を拡大していくとのこと。

ニュースリリース

1 COMMENT

匿名

スターリンクのせいでBSにブロックノイズが発生するようになったようです
対処しないんでしょうか

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です