Twitterのイーロン・マスクCEOとAppleのティム・クックCEOが会談 − App Store関連を協議

本日、Twitterのイーロン・マスクCEOが、Appleのティム・クックCEOとAppleの本社キャンパスにおいて会談したことを明らかにしていたものの、何を話し合ったのかまでは明らかにされていなかったのですが、その後、マスク氏がその会談内容の一部を明らかにしました。

マスク氏は、先日にAppleがApp Storeから締め出すと脅してきたことを明らかにしていましたが、両氏は少なくともApp Storeに関する内容を協議したようで、マスク氏は「良い会談だった。Twitterの公式アプリがApp Storeから削除される可能性があるという誤解を解くことが出来た」と述べています。

また、クック氏は「Appleがそのようなことを検討したことはない」とも明言したそうです。

現時点ではそれ以上の詳細は明らかにされていませんが、App Storeにもガイドラインはあることから、今後のTwitterの動向次第ではまた問題が再燃する可能性はありそうですが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です