AppleのM2 MaxチップとM1 Maxチップの仕様を比較してみた

本日、AppleのM2 Maxチップを搭載した未発表Macのものとみられるベンチマークデータが明らかになりましたが、そのベンチマークデータから明らかになったM2 Maxチップの仕様をまとめてみました。

今回のベンチマークデータから明らかになったM2 MaxチップとM1 Maxチップの仕様を比較したものが下記の通り。

  M2 Max M1 Max
製造プロセス 5nm改良プロセス 5nmプロセス
CPUコア数 12コア 10コア
GPUコア数 最大40コア? 最大32コア
動作周波数 3.54GHz 3.22GHz
L1命令キャッシュ 128KB 128KB
L1データキャッシュ 64.0KB 64.0KB
L2キャッシュ 4MB 4MB
RAM 最大96GB 最大64GB
ベンチマークスコア
(シングルコア
1853 1755
ベンチマークスコア
(マルチコア)
13855 12333

なお、今回のベンチマークデータが本物かどうかはまだ不明なものの、CPU性能はM1 Maxチップから6〜12%ほどの向上になる見込みです。

次期MacBook Pro?? − M2 Maxチップを搭載した未発表Macのベンチマークデータが明らかに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です