Apple、「Apple Watch Ultra」向けにダイビング「Oceanic+」を提供開始

本日、Appleが、「Apple Watch Ultra」向けに「Oceanic+」アプリの提供を開始したことを発表しました。

本アプリは、Huish Outdoorsと共同開発されたもので、「Apple Watch Ultra」をダイブコンピューターとして利用できるアプリとなっています。

基本プランは無料で、深度、時間、最近のダイビングのログなど、多くの一般的なダイビング機能が利用可能で、減圧のトラッキング、身体組織負荷、ロケーションプランナー、無制限のログブック機能を利用する場合の「Oceanic+」の月額料金は1,380円(税込)または年額11,000円(税込)となっており、年額14,800円(税込)でファミリー共有も利用でき、最大5人までアクセス可能です。

なお、「Oceanic+」アプリはApp Storeよりダウンロード可能で、iOS 16.1搭載の「iPhone 8」以降または「iPhone SE(第2世代)」以降とペアリングされた、watchOS 9.1搭載の「Apple Watch Ultra」が必要です。

ニュースリリース

1 COMMENT

匿名

OceanicのOCiに対応しているWireless TransmitterにULTRAが対応してくれると最高なのだけどねえ。さすがにWireless Transmitterまでは対応しないかな。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です