「Google Pixel 7a」に関する最新情報 − 90Hzディスプレイや2眼カメラを搭載し、ワイヤレス充電にも対応

(画像はPixel 7)

Googleは「Pixel 7」シリーズの廉価モデル「Pixel 7a」を開発していると噂されていますが、開発者のKuba Wojciechowski氏が、その「Pixel 7a」に関する最新情報をTwitterで報告しています。

これまでに見つかっているコードネーム「Lynx」が「Pixel 7a」とみられており、同氏がカメラドライバを調査したところ、「Lynx」はミッドレンジモデルある可能性がある記述が見つかったそうです。

その記述とは、カメラ設定が「Pixel 7/7 Pro」は「Pixel 22 Premium」なのに対し、「Lynx」は「Pixel 22 Mid-range」と呼ばれており、ミッドレンジモデルであることが予想出来る内容となっています。

また、リアカメラは広角カメラにソニー製センサーのIMX787(6400万画素)、超広角カメラにソニー製センサーのIMX712(1300万画素)を採用したデュアルカメラとなるようで、以前には「Pixel 7/7 Pro」にも採用されているSamsung製のGN1も搭載されるとの情報がありましたが、現在はその証拠は修正された模様。

さらに、ディスプレイにはリフレッシュレートが90Hzの1080pディスプレイが搭載され、ワイヤレス充電への対応、QualcommのWi-Fi/Bluetoothチップ「WCN6740」搭載などが特徴となるようです。

2 COMMENTS

匿名

ハックしたら90Hzにできたってやつか?
そういう場合「90Hzで動作可能な良品も混じっている」だけで
確実に90Hzで動作しないものも混じってるから無理(というか歩止まりを上げるためにそうしない理由がない)。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。