トリニティ、「iPhone 14」シリーズ対応の耐衝撃ケース「Crux」と「Influence」を発売

本日、トリニティが、ライフスタイルアクセサリーブランドのCatalystより、「iPhone 14」シリーズに対応した耐衝撃ケース「Crux」と「Influence」を発売しました。

各製品の詳細は下記の通り。

Cruxシリーズ

本ケースは、アメリカ国防総省 軍事規格「MIL-STD-810G」の落下試験に準拠し、角からの落下時には「MIL-STD-810G」の2.5倍に値する3mの耐衝撃性能も備えた衝撃吸収ケースとなっています。

また、マグネットモジュール内蔵でMagSafeに対応しており、ケースをつけたままのワイヤレス充電にも対応しています。

なお、背面には鍵などの引っかき傷が付きにくい処理が施されており、カラーはステルスブラックのみで、価格は9,000円となります。

【特徴】

  • アメリカ国防総省 軍事規格「MIL-STD-810G」の落下試験に準拠
  • 3mの耐衝撃プロテクション(角落ちのみ対応)
  • 「MIL-STD-810G」の2.5倍の耐衝撃性能
  • 従来品よりも30%ワイドになった衝撃吸収ダンパーのクッション構造
  • マグネットモジュール内蔵でMagSafe対応
  • ケースをつけたまま、ワイヤレス充電対応
  • 取り外し時のコーナークラックを防ぐ柔軟性
  • ウルトラスリムなワンピースデザイン
  • 押しやすいボタン
  • サイレントスイッチへ簡単アクセス
  • 落下防止用ストラップ付属(10kgまでテスト済み)
  • スクリーンやカメラを保護する高めのベゼル
  • 使い方色々、4箇所のストラップホール

Influenceシリーズ

本ケースは、Cruxシリーズと同じくアメリカ国防総省 軍事規格「MIL-STD-810G」の落下試験に準拠し、角からの落下時には3mの耐衝撃性能も備えた衝撃吸収ケースで、特許取得のマナーモード切り替えダイヤルにより、軽くダイヤルを回すだけで切り替えが可能なのが特徴です。

また、スピーカーホールを画面側に搭載した、独自の“フォワード・オーディオ”で、ケース非装着時の端末と比べて+30%の大音量を実現した他、滑りにくい側面素材やウルトラスリムデザイン、4箇所のストラップホールなども特徴となっています。

なお、カラーはステルスブラックとクリアの2色展開で、マグネットモジュール内蔵でMagSafeに対応したモデル(11,770円)とマグネットモジュールを内蔵していないモデル(7,920円)が用意されています。

【特徴】

  • アメリカ国防総省 軍事規格「MIL-STD-810G」の落下試験に準拠
  • 3mの耐衝撃プロテクション(角落ちのみ対応)
  • 「MIL-STD-810G」の2.5倍の耐衝撃性能
  • 独自の“フォワード・オーディオ”で、ケース未装着時の端末と比べて+30%の大音量を実現
  • 各ボタンへ簡単アクセス
  • 指紋の付きにくいクリアなケース背面
  • 落下防止用ストラップ付属(10kgまでテスト済み)
  • スクリーンやカメラを保護する高めのベゼル
  • 特許取得マナーモード切替ダイヤル
  • 滑りにくい側面素材
  • ウルトラスリムデザイン
  • 使い方色々、4箇所のストラップホール
  • ケースを装着したまま、ワイヤレス充電(Qi)対応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。