イーロン・マスク氏、Twitterの有料化も検討か

イーロン・マスク氏がTwitterのCEOに就任して以降、様々な変更や改革が明らかになりつつありますが、マスク氏はTwitterを完全に有料化することも検討している可能性が浮上しました。

これはPlatformerがTwitterの内部に詳しい関係者の話として報じているもので、マスク氏はベンチャーキャピタリストでPayPalの共同創設者であるデビッド・サックス氏とTwitterの今後について会合を開いており、最近の会合でTwitterの有料化について議論したようです。

その内容の1つは、ユーザーは毎月限られた時間のみTwitterを利用でき、それ以降も閲覧を続けたい場合は購読料が必要になるとのこと。

流石に実際に導入される可能性は低そうな気もしますが、今後の動向に注視するしかなさそうです。

Twitter、認証バッジが特典となる新しい「Twitter Blue」の提供を米中間選挙後の11月9日まで延期か Twitter、企業や著名人向けに新たな「公式アカウント」バッジを準備中か Twitter、長文投稿機能を近日中に正式導入か

2 COMMENTS

匿名

この人まだPayPalと繋がってたのか
ジョブズが小物に見えるレベルの天才だから色々考えてるんだろうね

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。