Twitter、認証バッジが特典となる新しい「Twitter Blue」の提供を米中間選挙後の11月9日まで延期か

昨日、TwitterがiOS向けアプリをアップデートし、認証済みバッジ(青いチェックマーク)の特典を追加した月額8ドルの新しい「Twitter Blue」の存在が正式に明らかになりましたが、この新しい「Twitter Blue」は現地時間の11月9日まで利用出来ないことが分かりました。

これはThe New York Timesが報じたもので、同メディアが閲覧したTwitterの社内メモによると、このプロジェクトに携わるマネージャーは、新しい「Twitter Blue」の提供開始日を11月9日に延期する決定を下したそうです。

その理由としては、米国で11月8日に中間選挙が開催される為で、認証バッジ(青いチェックマーク)は、これまでは著名人や企業、ジャーナリストなどの成りすまし被害を回避するために本人確認の証明として付与されてきましたが、「Twitter Blue」の加入特典となることから成りすまし防止が機能しなくなることに懸念の声が挙がっていました。

なお、昨日にアップデートされたiOSアプリでは、実際には新しい「Twitter Blue」にはアクセス出来なくなっており、Twitterの担当者も新しい「Twitter Blue」はまもなく利用可能になることを確認したものの、正式な提供開始日はまだ明らかにしていません。

[via The Verge

Twitter、「Twitter Blue」を月額8ドルに値上げして”認証バッジ”も特典に追加へ − iOSアプリでテスト開始

3 COMMENTS

匿名

記事数数えたら今日付の10記事中6記事がTwitterで草生えた

あと認証バッジはテスト実装後速攻でイーロンマスクのバッジ持ちが現れてBANされたって話

返信する
匿名

日本はTwitter Blue自体が蚊帳の外だから影響ないわな
落ち着いてから導入してくれれば良いと思う

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。