Apple、「Hey! Siri」といったウェイクワードを必要としないSiri体験の刷新に取り組み中

BloombergのMark Gurman氏が、ニュースレター「Power On」の最新版において、Appleは音声アシスタントのSiriを呼び出す際に「Hey! Siri」といったウェイクワードを使わずに済む最新のSiri体験に取り組んでいるようだと報告しています。

現在は「Hey! Siri」と呼びかけることでSiriを呼び出すことが可能ですが、Appleは単に「Siri」と呼びかけるだけでSiriを利用出来るようにする方法に取り組んでいるとのこと。

なお、この最新のSiri体験は2023年か2024年に展開が開始される予定で、将来的には「Siri、今日の天気は?」といった感じで利用可能になるものと予想されます。

ただ、ユーザーにとっては小さな変化のように思えるものの、Siriが複数の異なるアクセントや方言で「Siri」という単一のフレーズを理解できるようにするには、実際には技術的な挑戦であり、相当量のAIトレーニングと根本的なエンジニアリング作業を必要とするそうです。

[via MacRumors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。