「iOS/iPadOS 16.2 beta」と「macOS Ventura 13.1 beta」で「フリーボード」アプリが利用可能に

本日、Appleが開発者向けに「iOS 16.2 beta 1」と「iPadOS 16.2 beta 1」と「macOS Ventura 13.1 beta 1」をリリースしましたが、MacRumorsによると、これらのベータ版には新たに「フリーボード」と呼ばれるアプリが搭載されていることが分かりました。

「フリーボード」アプリは今年6月に開催された「WWDC22」で発表されていたホワイトボードアプリで、プロジェクトの概要を作成したり、ムードボードをデザインしたり、アイデアをプレーンストーミングするなど様々なことが可能で、メディア、ファイル、リンク、テキストなどをボードのどこにでも追加してクリエイティブな空間をデザイン可能です。

また、他のユーザーをボードに参加させ、リアルタイムで一緒にアイデアを構築することも可能となっています。

なお、同アプリは年内のアップデートで正式に提供開始とアナウンスされている為、「iOS/iPadOS 16.2」や「macOS Ventura 13.1」は年内に正式にリリースされるものと予想されます。

下記が「フリーボード」アプリのハンズオン動画となっているので、ご覧下さい。

1 COMMENT

匿名

これずっと欲しかったので期待。
サードで同じようなものや高機能なものもあるけど純正の扱いやすさはデカい。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。