Apple、「macOS Big Sur/Monterey」向けに「Safari 16.1」をリリース

本日、Appleが、「macOS Big Sur」および「macOS Monterey」向けに「Safari 16.1」をリリースしました。

「Safari 16.1」にはセキュリティアップデートが含まれており、悪意のあるウェブサイトを訪問するとユーザーインターフェイスが詐称される可能性がある脆弱性や、悪意をもって作成されたWebコンテンツを処理することで任意のコードが実行される可能性がある脆弱性など、複数の脆弱性が修正されます。

なお、対象のユーザーは「システム環境設定>ソフトウェアアップデート」よりアップデート可能です。

About the security content of Safari 16.1 – Apple

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。