Apple、M2チップ搭載「iPad Pro」向けにmacOSの簡易版を開発中か − 「macOS 14」のコードネームは「Mendocino」との情報も

リーカーのMajin Bu氏が、情報筋によると、AppleはM2チップを搭載した「iPad Pro」向けのmacOSをテストしているようだと報告しています。

また、次期macOSこと「macOS 14」のコードネームは「Mendocino」になり、M2チップ搭載「iPad Pro」向けの簡易版が計画されるだろうとも報告しています。

その「iPad Pro」向けのmacOSではユーザーインターフェイスはタッチ操作に最適化するために25%拡大され、アプリはiPad向けのものが起動し、システムがmacOSになる予定とのこと。

同氏はツイートと共に上記の画像を投稿しており、「Mendocino」の開発ビルドとみられるファイル名が記載されています。

2 COMMENTS

匿名

iPadOSに超労力を割いてmacOS風のデザインや挙動を再現するんじゃなくてさ、
macOSにiPad用周辺機器サポートだけ追加してiPadに載せてよ。
制限まみれのmacOS風iPadOSなんか要らないんだよ。無制限のmacOSをiPadに載せたいんだよ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。