ソフトバンク、新型「iPad Pro」と新型「iPad」を10月26日に発売へ − 機種代金も発表

ソフトバンクが、Appleが本日発表した新型「iPad Pro」と新型「iPad」を10月26日より販売することを発表しました。

これら新製品は、ソフトバンク”のiPad取扱店およびソフトバンクオンラインショップにて販売され、発売に先駆けて10月20日(木曜)午前8時から予約受付を開始するとのこと。

また、ソフトバンクは機種代金も発表しており、「iPad Pro 11インチ(第4世代)」のWi-Fiモデルは124,800円から。Wi-Fi+Cellularモデルは167,760円からとなっており、25ヵ月目に機種が回収される新トクするサポートを適用した場合の実質負担額は83,880円からとなります。

「iPad Pro 12.9インチ(第6世代)」は、Wi-Fiモデルは172,800円から。Wi-Fi+Cellularモデルは221,760円からで、新トクするサポート適用時の実質負担額は110,880円からになります。

「iPad(第10世代)」は、Wi-Fiモデルは68,800円から。Wi-Fi+Cellularモデルは104,400円からで、新トクするサポート適用時の実質負担額は52,200円からになります。

なお、詳細は下記リンク先をご覧下さい。

ニュースリリース
機種代金 – ソフトバンク(PDF)
ソフトバンクオンラインショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。