「Apple TV 4K (第3世代)」はファンレス設計採用で重さは前モデル比で約半分に − 「Siri Remote」用の充電ケーブルは非同梱に

本日、Appleが「Apple TV 4K (第3世代)」を発表しましたが、「Apple TV 4K (第3世代)」は内部設計も見直しが行われており、前モデルに比べて約半分の重さになっていることが分かりました。

「Apple TV 4K (第3世代)」の内部設計は新しいファンレスデザインを採用しており、これにより本体重量が前モデルの425gから208g (Wi-Fiモデル)と214g (Wi-Fi + Ethernetモデル) とほぼ半分となっています。

また、重さだけでなく本体寸法も小型化されており、高さが35㎜から31㎜に、幅・奥行きが98㎜から93㎜となっています。

さらに、これまでの「Apple TV 4K」には「Siri Remote」を充電する為のLightning – USBケーブルが付属していましたが、「Apple TV 4K (第3世代)」からは充電ケーブルは同梱されなくなっているので注意が必要です。

なお、「Apple TV 4K (第3世代)」は19,800円からとなっており、11月4日に発売予定です。

Apple公式サイト
Apple TV – Apple

[via MacRumors 1/2

Apple、USB-Cポートを採用した「Siri Remote (第3世代)」を販売開始 Apple、「Apple TV 4K (第3世代)」を発表 − 「Siri Remote (第3世代)」を同梱し、Threadネットワーク対応モデルも

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。