「iPhone 15」の発売時期も例年通り9月後半か − イギリスの直営店が同時期に休暇取得禁止を通達

現行の「iPhone 14」シリーズが発売されたばかりですが、早くも次期iPhoneこと「iPhone 15」シリーズの発売時期に関する情報が出て来ました。

MacRumorsによると、イギリスのミルトンキーンズにあるAppleの直営店「Apple Milton Keynes」の従業員は、2023年9月15日から2023年10月7日までと、2023年12月2日から2024年1月初めまでの期間は休暇の取得を禁止するとの通達があった模様。

店長はこの指示が店舗の更に上の部署から来たものと主張しているようですが、実際のところは不明で、この休暇取得禁止の理由としては”来年に向けてより良い準備を整えるため”と案内されているようです。

このことから、2023年9月15日から2023年10月7日の間に「iPhone 15」が発売されるものと予想されており、2023年12月2日から2024年1月初めに関してはホリデーシーズンの繁忙期の為と予想されます。

恐らく、Apple内部では「iPhone 15」の発売時期に関してまだ何も決まっていないものと予想され、休暇取得禁止に関しても現場レベルで行われた措置と予想されますが、「iPhone」の新型は例年9〜10月に発売されている為、「iPhone 15」もほぼ間違いなく同時期に発売されるものと予想されます。

<iPhone 14 シリーズの注文はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。