次期「iPhone SE」はノッチ有りの6.1インチ液晶ディスプレイを搭載か

MacRumorsによると、ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)のアナリストであるRoss Young氏が、Appleの次期「iPhone SE」に関する最新の予測を明らかにしたことが分かりました。

同士は以前に、Appleが2024年に5.7〜6.1インチでフロントカメラ用の穴が開いたパンチホール型の液晶ディスプレイを搭載した次期「iPhone SE」が登場すると予想していましたが、パンチホールではなく、ノッチが採用されると修正しています。

ただ、ノッチにFace IDの為のTrueDepthカメラが搭載されるのかは不明とのことで、引き続き、Touch IDが搭載される可能性があります。

Ross Young氏はTouch IDに関しては何も触れていないものの、一部では次期「iPhone SE」ではTouch IDが電源ボタンに内蔵されるのではないかとの予想や情報もあり、もし、Face IDが搭載されないのであればノッチの大きさは「iPhone XR」よりも小さくなる可能性があります。

なお、次期「iPhone SE」の発売時期は2024年と噂されています。

<iPhone 14 シリーズの注文はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

4 COMMENTS

匿名

iPhone11、iPhoneXRベースのiPhoneSEが登場するとiPhone13、iPhone14の需要を奪ってしまう気がするんだけどリーカー達はどう考えているんだろう?

返信する
匿名

とはいえ2024年にホームボタン型もさすがに限界なのでは?
コスパ重視で選ばれるラインで競合Androidより極端に見劣りするのも避けたいだろうし

返信する
匿名

ホームボタン無しの機種に変更して、縦方向の表示領域が広がって押せるボタンが増えたし時代にあってる気がした。
指紋センサーを従来通りってのはアプリ開発側も狭い画面設計で余分な苦慮が要るし廃止の流れなんじゃ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。