Apple、不具合修正がメインの最新アップデート「iOS 16.0.3」をまもなくリリースか

Appleは先月の「iOS 16」の正式リリース以降に「iOS 16.0.2」をリリース済みですが、早くも次のアップデートである「iOS 16.0.3」がまもなくリリースされる可能性が浮上しました。

これはMacRumorsのアクセスログから明らかになったもので、「iOS 16.0.3」を搭載したデバイスからのアクセスが確認されているようです。

「iOS 16.0.3」は不具合の修正がメインとなる見込みで、いつ正式にリリースされるかは不明なものの、「iOS 16.1」が今月末にリリースされると予想されることから、今週末の「iPhone 14 Plus」のリリースに合わせてか、来週になるものと予想されています。

なお、バグフィックスに焦点を当てたiOSの連続アップデートは過去に前例があり、昨年は「iOS 15.0.1」と「iOS 15.0.2」が10日間隔で、2017年に「iOS 11.0.2」と「iOS 11.0.3」が8日間隔でリリースされています。

「iPhone 14 Pro」、一部で充電中にランダムに再起動する問題が報告される 「AirPods Pro (第2世代)」、一部ユーザーから「iPhone」との接続がランダムに切断される問題が報告される Apple、「iOS 16.0.2」をリリース − 「iPhone 14 Pro」でカメラが振動する問題など各種問題を修正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。