YouTube、将来的に4K以上の解像度での再生にはPremium契約が必要に?? − 一部でテストを実施中

現在、YouTubeでは4Kや8Kといった高解像度の動画が視聴可能ですが、今後、4K以上の解像度の動画を視聴する場合は有料プラン「YouTube Premium」の契約が必要となる可能性が浮上しました。

Redditに投稿された情報によると、「YouTube」アプリでこれまで無料で視聴出来た2160p(4K)と4320p(8K)の解像度の選択肢の下に「Premium, Tap to upgrade」と表示されるようになっており、1440pまでの解像度しか選択出来なくなっていることが一部のユーザーから報告されています。

これはGoogleが一部のユーザーでテストを実施しているものとみられており、実際に導入されるのかはまだ不明で、スマホだけなのか、Web版にも導入されるのかも不明です。

年内に4K~8K解像度(5Kなど)での再生のサポート終了?!

今回の件と関係あるのかは不明ですが、YouTubeの公式ペルプの「チャンネルを作成して成長させる>動画の解像度とアスペクト比」のパソコンの”推奨される解像度とアスペクト比”に下記の注意書きが追記されており、5K解像度でアップロードされた動画を5Kで再生出来なくなるといったことでしょうか。

注: 2022年中に、4K~8K解像度(5Kなど)での再生のサポートを終了します。

なお、同ページのキャッシュからこの注意書きは2022年8月18日以降に追記されたことが分かっています。

[via WinFuture

5 COMMENTS

匿名

それYoutuber(動画作成者)の側が「4k以上で動画を投稿しよう」という気力が失せると思うんだけど。
プレミア会員再生分のYoutuberへの収益って全然大した事ないみたいだし。

返信する
匿名

実際導入するか知らんけどそこは見込んでると思うよ。
再生数単価を4Kとそれ以外で差別化するとか、システム上は柔軟に設定できるみたいだし。

返信する
匿名

そんな微調整で何とかなる会員費・再生単価かよ
Youtubeが赤字になるくらいの単価(現状の数十倍とか)ぐらいにすれば考慮に入るレベルだぞ

返信する
匿名

何をムキになってるのか分からんが増収方式だぞ
減額補正を続けてるYouTubeのやり方さえ知ってればどう転んでもコストカットにしかならんのが分りそうなものだが

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。