iFixit、「iPhone 14」の分解動画を公開

分解レポートでお馴染みのiFixitが、「iPhone 14」の分解動画を公開しました。

「iPhone 14」はこれまでの分解レポートでリアパネル側から内部にアクセスする設計に変更されていることが分かっていますが、iFixitの分解動画でもそのことが確認でき、リアパネルのガラスが割れた場合の修理やし易くなっています。

これにより、「iPhone 14」と「iPhone 14 Plus」は背面ガラスを損傷した際の修理代(AppleCare+非加入時)が他のモデルに比べて安くなっており、「iPhone 14」は25,900円、「iPhone 14 Plus」は29,800円で、「iPhone 13/13 mini」での同様の損傷の場合は”その他の損傷”となり、修理代は83,800円〜92,400円となっています。

また、引き続き、ディスプレイ側から内部にアクセスする設計を採用している「iPhone 14 Pro/14 Pro Max」は、背面ガラスの損傷の修理代は75,800円と82,800円となります。
(iPhone 14シリーズの各種修理代はこちらを参照)

他にも、「iPhone 14」ではミッドフレームの変更に伴い、電波干渉を防ぐためのアンテナの設計も変更されているそうです。

なお、「iPhone 14」の修理し易さを示すスコアは10点満点中7点と、比較的分解し易いモデルとの評価となっています。

「iPhone 14 Pro Max」の分解動画が早くも公開される 「iPhone 14/14 Plus」、分解する際はリアパネル側からアクセスする構造に Apple、「iPhone 14」シリーズの各種修理代金を公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。