来年発売の「iPhone 15」シリーズでは全てのモデルで「Dynamic Island」を採用か

今年発売の「iPhone 14」シリーズでは「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」でノッチが廃止され、新たにパンチホールディスプレイが採用されると共にその部分を使った新たなユーザーインターフェイス「Dynamic Island(ダイナミックアイランド)」が導入されましたが、その「Dynamic Island」は来年発売の「iPhone 15」シリーズでは全てのモデルに採用される見込みであることが分かりました。

これはディスプレイ業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)のアナリストであるRoss Young氏が明らかにしたもので、「iPhone 15」シリーズではエントリーモデルの「iPhone 15」と「iPhone 15 Plus」でもノッチが廃止され、「Dynamic Island」が採用されるものと予想されています。

ただ、サプライチェーンが対応出来ない見込みであることから、「iPhone 15」と「iPhone 15 Plus」では最大120Hzまでの可変リフレッシュレートに対応するProMotionテクノロジーは搭載されない見込み。

<iPhone 14 シリーズの予約はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

1 COMMENT

匿名

48MP(2倍ズーム)も来たら嬉しいけど
Proのお株を奪うことになるから流石にないかな…

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。