Apple、「Apple Watch」で低電力モードを有効化した際に無効化または影響のある機能の情報を公開

本日リリースされた「watchOS 9」では「Apple Watch Series 4」以降で新たに低電力モードが利用可能となりましたが、Appleが「Apple Watch」の低電力モードに関するサポートドキュメントを公開し、同機能を有効化した際に無効化または影響のある機能を詳しく解説しています。

まず、低電力モードは、「常にオン」の設定がオフになり、「Apple Watch」のセンサーおよびモバイル通信とWi-Fi飛んできてる接続を制限することでバッテリーの持続時間を延ばす機能となっており、低電力モードを有効化すると、以下の機能がオフになります。

・常にオン
・バックグラウンドでの心拍数測定
・心拍数の通知
・不規則な心拍の通知
・血中酸素のウェルネスの測定
・ワークアウト開始のお知らせ

また、低電力モード利用時に「iPhone」が近くにない場合は下記の機能もオフになります。

・Wi-Fiおよびモバイル通信
・電話の着信と通知

さらに、低電力モード利用時は下記の機能にも影響するとのこと。

・電話をかけるのに時間を要する場合あり
・バックグラウンドでのアプリの更新頻度が低下
・コンプリケーションの更新頻度が低下
・Siriのリクエスト処理に時間がかかる場合あり
・一部のアニメーションやスクロールが滑らかではなくなる場合あり

なお、安全のため、落下検出機能は低電力モードでも引き続き動作します。

Use Low Power Mode on your Apple Watch – Apple

[via MacRumors

Apple、「watchOS 9」を正式に配信開始

<iPhone 14 シリーズの予約はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。