「iPhone 14 Pro」の常時点灯ディスプレイ、「Apple Watch」を装着して離れると自動でオフになる模様

「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」ではロック画面の常時表示機能が利用可能となっていますが、MacRumorsによると、両モデルの常時表示ディスプレイは、連携している「Apple Watch」を装着したユーザーが「iPhone 14 Pro」を置いたまま部屋から出たり、その場から離れると自動で画面がオフになるようになっていることが分かりました。

常時表示ディスプレイは、ユーザーが「iPhone」をポケットに入れたり、テーブルの上に伏せるように置いたりすると自動的にオフになることが公式サイトで案内されてるものの、この「Apple Watch」を使った機能は発表イベントでも一切触れられなかったのですが、発表イベント後のハンズオンイベントに参加したドイツのYouTuberのFelixba氏によって確認され、明らかにされました。

常時点灯ディスプレイは「iPhone」を使用していない間にバッテリーを消費することを抑える設計となっており、「Apple Watch」との連携に関しては、恐らく「iPhone 14 Pro」と「Apple Watch」の近接データを使用してユーザーが離れたことを検出し、動作するものとみられています。

iPhone – Apple

<iPhone 14 シリーズの予約はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。