「iPhone 14」シリーズのベンチマークスコアのまとめ

先日から「iPhone 14」シリーズのGeekBench 5のベンチマークスコアが少しずつ明らかになってきていますが、その後も続々と各モデルのベンチマークデータが投稿されており、現在までに分かっているデータをまとめてみました。

これまでに「iPhone 14」「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」のベンチマークデータが投稿されており、「iPhone 14」と「iPhone 14 Pro Max」に関してはMetalのベンチマークデータも投稿されています。

「iPhone 14」シリーズは、「iPhone 14/14 Plus」には「iPhone 13 Pro」に搭載されていたA15 Bionicチップが搭載されており、「iPhone 14 Pro/14 Pro Max」にはA16 Bionicチップが搭載されていて、A16 Bionicチップは、電力効率、ディスプレイ、カメラの3つに焦点が当てられたチップで、Appleが明らかにしている性能面の数値は、CPUの高性能コアの消費電力は20%減、GPUコアは50%多いメモリ帯域幅となっています。

SoCの仕様の比較

 A16 Bionic
(iPhone 14 Pro/14 Pro Max)
A15 Bionic
(iPhone 14/14 Plus)
CPUコア数6コア
高性能x2+高効率x4
6コア
高性能x2+高効率x4
GPUコア数5コア5コア
Neural Engineコア数16コア
毎秒17兆回の演算
16コア
毎秒15.8兆回の演算
プロセスルール4nm5nm
動作周波数3.46GHz3.23GHz
RAM6GB
(DDR5?)
6GB
(LPDDR4X)
L1命令キャッシュ128KB128KB
L1データキャッシュ64KB64KB
L2キャッシュ4MB4MB
トランジスタ数約160億個約150億個

ベンチマーク比較

現時点で判明しているCPUとMetalのベンチマークスコアをまとめたものが下記の通りで、GeekBenchがまだ正式対応していないことや検体数が少ないことから、正式発売後に変動する可能性はあります。(特にiPhone 14 Pro Maxのマルチコアのスコア)

 シングルコア
(前モデル比)
マルチコア
(前モデル比)
GPU(Metal)
(前モデル比)
iPhone 141742
(+約3%)
4719
(+約5%)
12395
(+約10%)
iPhone 14 Plus
iPhone 14 Pro1887
(+約10%)
5455
(+約17%)
15658
(+約10%)
iPhone 14 Pro Max1879
(+約10%)
4664
(+0%)
15,400
(+約8%)

<追記 (2022年9月13日22時)>

「iPhone 14 Pro」のMetalのスコアが明らかになったので追記しました。

<iPhone 14 シリーズの予約はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

「iPhone 14 Pro Max」に続き、「iPhone 14 Pro」のものとみられるベンチマークデータも明らかに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。