「iPhone 14 Pro」のステータスバーはクラシックなバッテリー残量表示が復活か − アンテナピクトも左寄りに戻る??

(iPhone 14 Proの画面ロック時のステータスバー)

Appleが9月8日に発表する「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」はノッチが廃止され、パンチホールディスプレイを採用が採用されるとみられていますが、MacRumorsによると、ノッチを廃止することでステータスバーのスペースに余裕が生まれることから、「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」では昔ながらのバッテリーインジケーターが復活する予定であることが分かりました。

現在、ベータテストが行われている「iOS 16」では、バッテリーアイコン内にバッテリー残量を数字で表示するユーザーインターフェイスが新たに導入されていますが、「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」はノッチの廃止に伴いステータスバーのスペースに余裕が出来ることから、過去のモデルで採用されていたバッテリーアイコンの左横に数字で表示するバッテリーインジケーターが復活する模様。

(iOS 16 betaで導入された新しいバッテリー残量表示)

また、携帯電話の電波状況を示すアンテナピクトもステータスバーの左寄りに戻るようです。

ただ、これらはあくまで画面ロック時の新しいユーザーインターフェイスで、ロック解除後はステータスバーの左側に時計が表示される為、ロック解除後のステータスバーの表示がどうなるのかは不明とのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。