Apple、「iPadOS 16.0」を飛ばして「iPadOS 16.1」を最初にリリースへ

TechCrunchによると、Appleが現在開発中の 「iPadOS 16」 は、「iPadOS 16.0」を飛ばして 「iPadOS 16.1」からリリースすることを明らかにしたことが分かりました。

「iPadOS 16」は「iOS 16」よりも遅れて正式リリースされる予定で、さらに最初にリリースされるバージョンも「iPadOS 16.0」をスキップして 「iPadOS 16.1」になるとのこと。

これにより、本日開発者向けにリリースされた「iPadOS 16 beta 7」が「iPadOS 16.1 beta 1」となっているそうです。

遅れる理由は明らかにされていないものの、新機能の「ステージマネージャ」の開発に難航しているとの噂もあり、何らかの影響を受けている可能性があります。

なお、Appleは10月に新型「iPad」や新型「iPad Pro」を発表するとみられており、その新型「iPad」と同時に「iPadOS 16.1」が正式にリリースされるものと予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。