新型「MacBook Pro 14/16インチ」は今年10〜12月に量産開始か

Appleの次期「MacBook Pro 14/16インチ」は今秋〜来春に発売されるとみられていますが、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、次期「MacBook Pro 14/16インチ」は2022年第4四半期(10〜12月)に量産が開始されると報告しています。

また、同モデルに搭載されるM2 ProおよびM2 MaxチップはTSMCの3nmプロセスを採用するとも噂されていますが、Kuo氏は、TSMCの業績予測では3nmが収益に貢献するのは2023年上半期からとなっていることから、M2 ProおよびM2 Maxチップは引き続き5nmプロセスで製造され、一部で報じられている3nmプロセスは採用されないと予想しています。

なお、次期「MacBook Pro 14/16インチ」に関しては、デザインは変わらず、チップなどの内部ハードウェアのアップデートがメインのモデルチェンジになる見込みです。

2022年10〜12月に量産開始とのことですが、年内に発売されるかどうかは10〜12月の中でも早い時期に量産が開始されるかどうかにかかっているように思われます。Appleは例年1〜2月は新製品を発売していない為、もし年内の発売に間に合わなかった場合は来年3月まで発売はないかもしれません。

次期「MacBook Pro」向けの3nmチップはやはり年内に生産開始か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。