Apple、「iPhone 12やiPhone 12 Proの音の問題に対する修理サービスプログラム」を1年延長

Appleは2021年8月より「iPhone 12やiPhone 12 Proの音の問題に対する修理サービスプログラム」を実施していますが、MacRumorsによると、Appleが同修理サービスプログラムの期間を延長したことが分かりました。

同修理サービスプログラムは、ごく一部のiPhone 12やiPhone 12 Proで、レシーバーモジュールのコンポーネントの故障により、音の問題が起きる可能性があることが判明したことから、対象のデバイスを無償で修理するもので、この問題が確認されているのは、2020年10月から2021年4月までの間に製造されたモデルで、使用中のiPhone 12やiPhone 12 Proで電話をかけたり電話がかかってきた時にレシーバーから音が出ない場合は、本プログラムの対象になる可能性があります。

同プログラムの実施期間は、対象となるデバイスの最初の小売販売日から最大2年間となっていましたが、現在は最大3年間に変更され、1年延長されました。

なお、iPhone 12 miniおよびiPhone 12 Pro Maxは本プログラムの対象外で、詳細は下記ページをご覧下さい。

iPhone 12やiPhone 12 Proの音の問題に対する修理サービスプログラム – Apple

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。