「Windows 11 バージョン 22H2」は現地時間9月20日に正式リリースか

Microsoftは今秋に「Windows 11」向けの次期機能アップデートである「Windows 11 バージョン 22H2」をリリースする予定ですが、Windows CentralのZac Bowden氏によると、「Windows 11 バージョン 22H2」は現地時間の9月20日に一般提供が開始される予定であることが分かりました。

これは関係者の話とのことで、この日付はまだ変更される可能性はあるようですが、「Windows 11 バージョン 22H2」の一般提供開始日は現時点では9月20日に設定されているとのこと。

また、「Windows 11 バージョン 22H2」のビルドナンバーは「build 22621」としてリリースされる予定。

さらに、ファイルエクスプローラーへのタブ機能の追加など、ローンチビルドに間に合わなかった複数の新機能を追加するアップデートが年内にリリースされる予定です。

【訂正】
当初、「Windows 10」と記載して掲載していましたが、「Windows 11」の誤りでしたので、訂正しお詫び申し上げます。

2 COMMENTS

taisy0

ホントですね。うっかりしてました(汗)
早速訂正させて頂きました。有難う御座います!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。