フルサイズの「HomePod」が来年早々に復活か

Bloombergの著名記者であるMark Gurman氏が、ニュースレター「Power On」の最新版で、「HomePod」シリーズの次期モデルに関する最新情報を報告しています。

同氏によると、Appleは2023年の早い時期にフルサイズの「HomePod」を復活させて新モデルを発売するなど、ホームデバイス市場への大きな参入を計画しており、「HomePod mini」のモデルチェンジも検討されているそうです。

フルサイズの「HomePod」の新モデルは、S8チップの他、上部に新しいマルチタッチディスプレイを搭載するとみられており、2023年初頭の発売に向け開発が進められているとのこと。

なお、「HomePod mini」の新モデルのアップデート内容について詳細は明らかにされていないものの、超インパクトがあるようなものにはなりそうにないと予想されています。

また、Appleは「HomePod」シリーズの新モデル以外に、いくつかの新しいホームデバイスを開発しており、その中の1つが以前より噂されているスピーカー、Apple TVの機能、FaceTimeカメラを1つに統合した製品。他にも、ロボットアームに接続されたiPadとスピーカーを組み合わせたキッチン向けのデバイスも開発しており、これら2つのホームデバイスのうちの1つが2023年末から2024年初頭にかけて発売されると予想しています。

[via MacRumors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。