次期「Mac mini」はM2/M2 Proチップを搭載との情報再び − デザインの大きな変更はなし

Bloombergの著名記者であるMark Gurman氏が、ニュースレター「Power On」の最新版で、「Mac mini」の次期モデルに関する最新情報を報告しています。

Appleは昨年末から今年にかけて発売される予定だったM1 Proチップを搭載した「Mac mini」を開発していたようですが、その後、このモデルの計画は廃案となり、その代わりとして、M2チップとM2 Proチップを搭載した「Mac mini」を開発しているようです。

M2チップとM2 Proチップを搭載した「Mac mini」を開発しているとの情報は9To5Macも過去に報じており、M2チップを搭載したモデルのコードネームは「J473」で、M2 Proチップを搭載したモデルは「J474」になり、M2 Proチップは8つのパフォーマンスコアと4つの高効率コアから構成されたCPUを搭載するとのこと。

また、M2 MaxチップやM2 Ultraチップが「Mac mini」に搭載される計画はなく、両チップは次期「Mac Pro」向けて温存される可能性が高いとみられており、次期「Mac Pro」が登場すると「Mac Studio」は販売終了となる可能性が高いと予想されています。

なお、M2/M2 Proチップを搭載した「Mac mini」のデザインは、現行モデルから大きな変更はないそうです。

[via 9To5Mac

Apple、M2チップとM2 Proチップを搭載した次期「Mac mini」を開発中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。