「iPad (第10世代)」は他のモデルと同じく角張ったデザインを採用か − CADレンダリング画像が流出

mysmartpriceが、Appleが今秋に発売すると噂されている次期iPadこと「iPad (第10世代)」のCADレンダリング画像を公開しています。

これはケースメーカーから入手したものだそうで、本当に「iPad (第10世代)」の設計図をもとに作成されたものかは確認出来ないものの、フロント側のデザインは現行モデルから大きな変更はなく、引き続き、ホームボタンとTouch IDを搭載していますが、側面は「iPad Pro」や「iPad mini」のように角張ったデザインになるようです。

また、リアカメラは現行モデルと同じ1眼カメラとなっていますが、新たにLEDフラッシュが搭載され、リアカメラ部分が盛り上がったデザインになる他、スピーカーが本体下部だけでなく上部にも搭載されます。

なお、これまでの情報では「iPad (第10世代)」ではLightningポートが廃止され、USB-Cポートが採用されると噂されてきましたが、このレンダリング画像からはどちらのポートが採用されているのかは確認出来ません。

最後に、本体の寸法は248.62 x 179.50 x 6.98㎜になり、現行モデルが250.6 x 174.1 x 7.5㎜なので、横幅が大きくなるものの、高さが僅かに小さくなり、厚さが薄くなります。

1 COMMENT

匿名

新筐体を作ってもまだホームボタンを採用するのが意外。
これが本当ならiPhone SE4も角張ったiPhone4〜5風になる可能性アリ?

返信する

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。