「iPhone 14 Pro」に搭載が噂されるロック画面の常時点灯機能、今度は「Xcode 14 beta」からもヒントが見つかる

Appleが今秋に発売する「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」ではロック画面の常時点灯機能が利用可能になると噂されており、実際に「iOS 16」のベータ版からその証拠となる情報が見つかっていますが、今度は「Xcode 14 beta 4」からも同機能に関するヒントが見つかりました。

MacRumorsによると、「Xcode 14 beta 4」には画面が点灯すると画面上のウィジェットの細部を消すロック画面のインターフェースが搭載されており、このアニメーションは「iPhone 14 Pro」でロックした際に常時点灯機能が動作している時にウィジェットや他のロック画面上のコンテンツから複雑な部分を削除出来ることを示しているそうです。

また、開発者の@rhogelleim氏も、「Xcode 14 beta 4」では通常はカラー表示のウィジェットがモノクロ表示になることを報告しており、こちらも常時点灯機能に関連している可能性があるとみられています。

先日には「iOS 16 beta」から壁紙が同機能に対応済みであることを示すヒントが見つかっていますが、これら情報から「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」で常時点灯機能が利用可能になる可能性はかなり高そうです。

なお、「iPhone 14 Pro」シリーズのロック画面の常時点灯機能は、「Apple Watch」と同じくディスプレイのリフレッシュレートを1Hzまで下げることによって実現するもので、常時点灯モードに移行した場合、時計とウィジェットのみ常時表示されるようになり、、「iPhone 14 Pro/14 Pro Max」のみの専用機能で、エントリーモデルの「iPhone 14/14 Max」では利用出来ない機能と言われています。

「iOS 16」の壁紙は既にディスプレイの常時点灯機能に対応済み 「iOS 16」と「iPhone 14 Pro」でロック画面の常時点灯機能が利用可能に??

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。