「iOS 16」の壁紙は既にディスプレイの常時点灯機能に対応済み

今秋に発売される「iPhone 14」シリーズの上位モデルである「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」ではロック画面の常時点灯機能が搭載されると言われていますが、現在、ベータテストが行われている「iOS 16」には既に常時点灯機能に対応した壁紙が搭載されていることが分かりました。

9To5Macによると、「iOS 16」の壁紙は静止画ではなく、リアルタイムでレンダリングされるマルチレイヤーのベクターとなっているそうです。

「iOS 16 beta」に搭載されている一部の壁紙(デフォルトの壁紙やカクレクマノミの壁紙)には「スリープ」というラベルが付いた新しい状態が用意されており、下記画像の通り、非常に暗く色褪せたバージョンで、常時点灯(正式名は常にオン)を有効化した「Apple Watch」の文字盤とよく似ています。

(左が通常版、右がスリープ版)

ユーザーが「iPhone 14 Pro」のディスプレイをオフにすると、壁紙はこのスリープバージョンになり、ディスプレイをタップするか電源ボタンを押すことで壁紙は通常バージョンに戻るものとみられています。

なお、「iPhone 14 Pro」シリーズのロック画面の常時点灯機能は、「Apple Watch」と同じくディスプレイのリフレッシュレートを1Hzまで下げることによって実現するもので、常時点灯モードに移行した場合、時計とウィジェットのみ常時表示されるようになります。

「iOS 16」と「iPhone 14 Pro」でロック画面の常時点灯機能が利用可能に?? 「iOS 16」のコードにはディスプレイの常時点灯機能に関する記述が複数含まれていることが明らかに

1 COMMENT

匿名

リアルタイムレンダリングだとバッテリ消耗しそう
泥みたいな部分表示が良いんだけどなあ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。