Appleのサブスクリプションサービスの加入者数は8億6,000万人以上に − 過去1年間で1億6,000万人増加

本日、米Appleが同社2022年度第3四半期(2022年4~6月期)の業績を発表しましたが、その際に同社のサブスクリプションサービスの加入者数に関する最新情報が明らかになりました。

新たに明らかにされた数字によると、Appleのサブスクリプションサービスの加入者数は8億6,000万人以上に達しており、過去12ヶ月間で1億6,000万人増加したとのこと。

各サービスごとの内訳は明らかにされていませんが、AppleのCFO(最高財務責任者)であるルカ・マエストリ氏によると、Apple TV+やApple Arcadeなどが好調に伸びているそうです。

なお、半年前の今年1月の時点では7億8,500万人以上と発表されていた為、半年で7,500万人以上の増加となっています。

[via MacRumors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。