米Apple、同社2022年度第3四半期(2022年4〜6月期)の業績を発表

本日、米Appleが同社2022年度第3四半期(2022年4~6月期)の業績を発表しました。

数字を簡単にまとめると下記の通りで(括弧内は前年同期比)、中国のロックダウンによるサプライチェーンの混乱によりMacやiPadの売上高は減少した中、サービス部門のみ12%増と好調でした。

地域別でも、日本が16%減と大幅に減少しており、円安により6月にMacが値上げされたことも影響しているものと予想されます。

総 合

・売上高:829億5,900万ドル(2%増)
・純利益:194億4,200万ドル(11%減)

各種製品及びサービスごとの売上高

・iPhone:406億6,500万ドル(3%増)
・iPad:72億2,400万ドル(2%減)
・Mac:73億8,200万ドル(10%減)
・Wearables/Home and Accessories:80億8,400万ドル(8%減)
・サービス:196億400万ドル(12%増)

地域別の売上高

・アメリカ:374億7,200万ドル(5%増)
・欧州:192億8,700万ドル(2%増)
・日本:54億4,600万ドル(16%減)
・中国:146億400万ドル(1%減)
・アジア太平洋地域:61億5,000万ドル(14%増)

なお、詳細は下記のプレスリリースをご覧下さい。

プレスリリース(英語)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。