Google、次世代ARメガネの実地テストを来月より開始へ

Googleは今年5月に開催した「Google I/O 22」において次世代ARメガネを披露しましたが、本日、同社が同デバイスの実地テストを来月から実施することを発表しました。

「Google I/O 22」でも公開されたように、現在、同社が社内でテストしているARメガネの初期プロトタイプはリアルタイムで翻訳と文字起こしが出来ますが、開発室でのテストだけでは限界があることから、来月よりARメガネのプロトタイプを実世界でテストすることにしたそうです。

これにより、このデバイスが人々の生活にどのように役立つのか、より深く理解することができる他、ARナビゲーションのように天候や交通量の多い交差点など、屋内では再現が難しい要素を考慮した体験が出来るようになるとのこと。

テストは数十人の信頼出来るテスターによって小規模に実施され、プロトタイプにはレンズ内ディスプレイ、マイク、カメラが搭載されているものの、出来ることが限られており、写真や動画の撮影は出来ず、画像データは主に目の前のメニューを翻訳したり、近くのコーヒーショップへの道順を示したりといった体験を可能にするために使用される予定です。

米Googleが次世代のARメガネを予告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。