Amazon、「プライム・ビデオ」のUIを刷新へ

本日、米Amazonが、動画配信サービス「プライム・ビデオ」のユーザーインターフェイス(UI)の刷新を発表しました。

新しいUIでは、画面上部に配置されていたナビゲーションメニューがデザイン変更と共に画面左に移動され、ホームにはユーザーが視聴途中だったコンテンツが表示され、サムネイルをタップすることで中断したところから続きを視聴出来るようになります。

ナビゲーションメニューには、検索、ホーム、ストア、ライブTV、広告付き無料、マイアイテムのタブが用意され、チャンネルとカテゴリーのタブは廃止されます。

また、見たい番組をより素早く見つけられるように、よりリッチで映画的な映像で動画を紹介するだけでなく、トップ10チャートにはSNS時代のトレンドを取り入れ、プライム・ビデオで人気のあるコンテンツやトレンドのコンテンツを視覚的に分かり易く紹介する他、カルーセルにも改良が加えられるとのこと。

さらに、これは既に一部導入されていますが、無料のコンテンツと有料のコンテンツを簡単に見分けることができるアイコンが表示されるようになる他、検索ページのデザインも刷新される予定です。

なお、この新しいUIは今夏にFire TVとAndroidアプリ向けに提供が開始され、iOSとWeb版もその後提供が開始される予定です。

プライム・ビデオ – Amazon

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。