ミニLED採用の27インチの新型ディスプレイ「Studio Display Pro」と15インチの「MacBook Air」は来年初頭に発売か

(画像はStudio Display)

AppleはミニLEDを採用した27インチの新型ディスプレイ「Studio Display Pro」(仮称) を開発しており、今年10月に発売されると噂されていますが、その発売時期が来年初頭に延期されたとの情報が出て来ました。

これはディスプレイ業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)のアナリストであるRoss Young氏がThe MacRumors Showの最新エピソードの中で語ったもので、「Studio Display Pro」は当初は今年6月に発売が予定されていたものの、10月に延期され、現在は2023年初頭まで延期されたようです。

また、同ディスプレイは、「MacBook Pro 14インチ/16インチ」と同じく最大120Hzのリフレッシュレートに対応したProMotion技術を搭載するとのこと。

さらに、同氏は噂されている15.2インチの「MacBook Air」についても「Studio Display Pro」と同じ2023年初頭に発売されると予想しています。

[via MacRumors

「MacBook Air 15インチ」のディスプレイサイズは15.2インチに − 13インチモデルの情報を的中させた著名アナリストが改めて報告 ミニLEDを採用した27インチの新型ディスプレイ「Studio Display Pro」の発売は10月に延期か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。